Blank Cover Image

確率過程論と開放系の統計力学II

資料種別:
図書
責任表示:
京都大学数理解析研究所
言語:
日本語
出版情報:
[京都] : 京都大学数理解析研究所, 1980.11
形態:
iii,294p ; 26cm
著者名:
京都大学数理解析研究所 <DA00277933>  
シリーズ名:
数理解析研究所講究録 ; 405 <BN06637050>
目次情報:
統計力学における二,三の基礎的問題 久保亮五
確率過程における変数の縮約 森肇
確率過程における変数の縮約II(古典開放系の模型化) 長谷川洋
部分系間相互作用の減衰演算子への影響 有光敏彦
非定常系におけるランジュバン方程式の一般化と揺動散逸定理 古川浩
あずきの葉の不規則運動のスペクトル 安久正紘, 石田健二, 横井洋太
非線型確率微分方程式の漸近評価法 鈴木増雄
雑音によって誘起される相転移 北原和夫
非定常過程に対する統計的線形化法について 村上力
確率過程論における新概念導入の歴史 伊藤清
Boltzmann方程式におけるfluctuationと無限次元O-U過程 田中洋
Stochastic integral for L[1] (マルチンゲール変換と確率積分の研究) 新谷俊忠
一次元カオスについて 高橋陽一郎
集団遺伝学における確率過程の問題 : 離散時間モデルの連続時間近似 松田博嗣, 石井一成
Hopf-Cole変換の拡張と一般化されたランダム・ウォーク 原啓明
非線型σ模型におけるオーダーパラミタの非線型緩和 山崎義武, R. Bausch,H.K. Janssen
周期外力を受けた自励振動系の熱的揺動 大同寛明, 富田和久
Forced Burgers turbulence : 解の存在と一意性,解の構成 中澤宏
自律構造変化を伴う開放系とその確率過程 松野孝一郎
量子情報通信路の作用素代数的取り扱い 大矢雅則
統計力学における二,三の基礎的問題 久保亮五
確率過程における変数の縮約 森肇
確率過程における変数の縮約II(古典開放系の模型化) 長谷川洋
部分系間相互作用の減衰演算子への影響 有光敏彦
非定常系におけるランジュバン方程式の一般化と揺動散逸定理 古川浩
あずきの葉の不規則運動のスペクトル 安久正紘, 石田健二, 横井洋太
続きを見る
書誌ID:
BN09909838
子書誌情報
Loading
所蔵情報
近くの請求記号の本を見る Loading virtual-shelf information
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

京都大学数理解析研究所

京都大学数理解析研究所

河田, 龍夫(1911-)

岩波書店

2 図書 確率過程論

永井, 武昭, 加納, 省吾, 北川, 敏男(1909-)

共立出版

廣田, 薫(1950-), 生駒, 哲一(1966-)

朝倉書店

3 図書 確率過程

伊藤, 清(1915-)

岩波書店

武田, 一哉

オーム社

4 図書 確率過程

伊藤, 清(1915-)

岩波書店

伏見, 正則(1939-)

講談社

5 図書 確率過程

Coleman, Rodney, 石井, 恵一(1932-)

共立出版

伏見, 正則(1939-)

朝倉書店

6 図書 確率過程

中川, 正雄, 真壁, 利明

培風館

楠岡, 成雄(1954-), 甘利, 俊一(1936-)

岩波書店