1.

図書

図書
中薗英助著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2002.6
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
張赫宙 [著] ; 南富鎭, 白川豊編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2003.10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
白楊木
餓鬼道
迫田農場
追はれる人々
兄の脚を截る男
奮ひ起つ者
権といふ男
山霊
女房
ガルボウ
山犬(ヌクテ)
僕の文学
我が抱負
私に待望する人々へ : 徳永直氏に送る手紙
朝鮮文壇の現状報告
朝鮮文壇の将来
朝鮮文壇の作家と作品
白楊木
餓鬼道
迫田農場
3.

図書

図書
Haruki Murakami ; translated from the Japanese by Alfred Birnbaum
出版情報: London : Vintage, 2003
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
徳永直 [著] ; 徳永直没後50年記念事業期成会「選集」編集委員会編
出版情報: 熊本 : 熊本出版文化会館 , [東京] : 創流出版 (発売), 2008.5-2009.12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
[1]:戦争雑記
あまり者
太陽のない街
麦の芽
工場新聞
冬枯れ
女の産地
彼岸
飛行機小僧
八年制
最初の記憶
他人の中
こんにゃく売り
白い道
あぶら照り
日本人サトウ
黒い輪
2:妻よねむれ
豊年飢饉
梶川ツルの死
洗馬橋附近
町子
泣かなかった弱虫
みちづれ
静かなる山々
「創作技術に関する問題」の提唱
労働者作家の台頭
農家での十日間
ゴリキイの作品が持つ労働者性
停戦発表の日
小説を書いた私の経験
大衆は雑草ではない : 「日本人労働者」によせて
[1]:戦争雑記
あまり者
5.

図書

図書
田村泰次郎著 ; 秦昌弘, 尾西康充編集
出版情報: 東京 : 日本図書センター, 2005.4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1: Marcus Aureliusとの対談
挑戦
成長記
文学
形態
病気
光る埋葬
選手
日月潭工事
恋愛
暗雲の下
昭和絵巻
いきもの
滝の女
春の話
夢殿
廃弾
蟹料理
少女
太宗寺横丁
2: 犬
強い男
新京挿話
白蘭花 (パレホ)
北京特急
銃について
応召前後
集団生活の一面
輸送船にて
肉体の悪魔 : 張玉芝に贈る
渇く日日
女しやべる
沖縄に死す
春婦伝
大行山の絵
故国へ
現代詩
雁帰る
青鬼
ある死
途上
3: 「街の天使」系譜
肉体の門
崩れた街にて
女狩りの夜
群盗哄笑
鳩の街草話
入道雲
獣の日
女体男体
朝顔
刺青
象が通る夜
4: 黄土の人
裸女のいる隊列
餃子時代
鐘の音
重い車輪
肌の孤独
ある香港人
群馬調教
隠沼 (こもりぬ)
男鹿
暗い渇き
地雷原
密猟者
失われた男
5: 「意識の流れ」統整論 : â mes amis
T・Sエリオットの新転向
仏蘭西の新しい雑誌
精神分析小説の危機
神話主義の面貌及その方法論
ステファン・プリアセル『露西亜演劇の生命』
革命意志としてのロオトレアモニスムに就いて
ジヨイスの対象と方法
活動的言語と現実
小説の血路と神話主義的思考
反価値の価値 : 今、頭上を一台の銀翼飛行機が翔んで行く……
新ロマン論
新しい人間の姿勢 : 中河與一氏著《海路歴程》
スタイルに就て : 私の手帖より
今日のロマン論の意義
ダ・ヴインチ雑感
横光利一氏の一面
今日のモラルの問題
リアリズムの二つの型
新人奮起の時
どんな批評家が必要か
純文学の弱点
現代文学の要望と方法について
人間性と歴史的意識
新文学の二つの花
ヒマラヤ登り
文章とモラル
中河與一の文章
緊迫した感情
春山行夫の批評について
私小説とリアリズムとの遊離
現代文学に関連して
人間性の意慾的展開
文学と俗物性の問題
再び俗物性の問題
悪魔の観念について
中河與一氏について
今日の感想
「照れぬ文学」について
肉体が人間である
肉体解放論
肉体文学の方向
戦場と私 : 戦争文学のもうひとつの眼
1: Marcus Aureliusとの対談
挑戦
成長記